安心して髪の毛を乾かすために

ドライヤーで髪を傷めないためのポイント

動かしやすいドライヤーを買おう

ドライヤーを至近距離で使うと、髪の毛や頭皮にダメージを与えます。
すると乾かすことはできても、うまく頭皮で栄養を作り出すことができません。
また髪の毛が衰退していくので、美しいとは言えない状態になるでしょう。
ですから、15cmほど離してドライヤーの温風を当ててください。
さらに一か所に、ずっと温風を当て続けないこともコツです。
乾かす際は常にドライヤーを動かして、満遍なく温風を当てるように心がけましょう。
ですから腕が疲れないように軽くて、コンパクトなドライヤーを使うのがベストです。

タオルを被り、ヘアドライヤーの温風を当てるのも良いですね。
するとタオルがバリアの役割を果たしてくれるので、髪の毛や頭皮にダメージが行き渡ることはありません。
また短時間で髪の毛を乾かせるように、事前にタオルで水分を拭き取ったり、風量が大きいドライヤーを使ったりすることも重要です。
できるだけ早く髪の毛を乾せるように、努力しましょう。

髪の毛を乾かす前に、ヘアオイルを塗るのも効果的です。
すると熱のダメージから髪の毛を守ってくれますし、必要な潤いを維持できます。
確かに髪の毛を乾かすことは大事ですが、内部の水分まで乾くと、パサパサの状態になってしまいます。
それではダメージを受けやすく、見た目が美しくない髪の毛になると覚えておきましょう。
ちなみにヘアオイルは髪の毛に栄養を与える効果もあり、すでにダメージを気にしている人にもおすすめです。

間違った使い方を避けよう

基本的にドライヤーは片手で持ちますし、髪の毛を乾かしている間はずっと動かし続けます。 ですから、持ちやすいドライヤーがあれば非常に便利ですね。 持ちやすいことや、動かしやすいことにこだわると、髪の毛を乾かす作業が楽になり、余計なダメージを与えません。

早く乾かすための工夫

髪の毛は、何よりも早く乾かすことが大事です。 すると温風を当てる時間もわずかで済むので、髪の毛へのダメージを最小限に抑えられます。 そこでタオルや、風量が大きいドライヤーを使いましょう。 この2つを意識するだけでも、これまでより乾かす時間を短縮できます。

ヘアオイルで守ろう

乾かす前に、ヘアオイルを塗るのがおすすめです。 それからドライヤーを使うと、温風を当てても、髪の毛にダメージを与えません。 ヘアオイルが守ってくれるので、安心してドライヤーを使えると思います。 自分の髪質に合ったヘアオイルを見つけて、これから活用しましょう。